LCIF MJF 銀行振込による献金の方法と報告の仕方

LCIF MJF 銀行振込による献金の方法と報告の仕方

◆LCIF MJF 送金の方法と報告の仕方

 LCIF MJF 献金の手順 2017.7.26  資料ダウンロード

― 銀行振込による献金の場合 ―

LCIF MJF 送金の方法と報告の仕方 (2017年7月26日更新)

① まず送金します。
送金月のライオンズレートを必ず確認してください。銀行の取扱時限により翌月分とならないよう、月末の送金はお避けください。
(レートは333-C地区ホームページ http://lionsclub333c.org/ で確認できます。)

国際協会から「みずほ銀行第5集中支店 普通預金口座」の各クラブ固有の3つの送金専用口座番号が通知されています。
(797に続いて7桁の口座番号です。振込時には、797を除いた7桁を入力してください。)
なお、口座番号は地区システム「eMMR ServannA」でも確認できます。ログインして 「国際協会送金専用口座」 をクリックして下さい。

3つのうちの一つ『LCIF口座番号』へ「ATM」「インターネットバンキング」「窓口備え付け用紙で電信扱い」で送金します。

ATMの場合、現金振込の限度額10万円を超えてしまうことが多いため、クラブ口座のキャッシュカード(送金限度額の高いもの)を必ず事前にご用意ください。

なお、送金方法の問合せは日本事務所(03-3494-2931)までお願いいたします。

② 『LCIF献金報告用紙(振込専用)』に必要事項を記入します。
2016年7月から新献金制度に伴う新しい書式となりましたのでご注意ください。また報告用紙と記入例を地区HPに掲載しておりますのでご利用ください。

報告用紙への記入はローマ字・英数字で正確にお願いいたします。

なお、本部LCIF・キャビネット事務局への報告は、正確な献金記録とアワード交付のため、振込みした月内にお願いいたします。

✻前回までの通算MJF献金回数は本部作成の、MJF1000ドル個人献金回数一覧表MJF PMJF Listing(地区HPに掲載)で確認できます。

✻前回までの累計金額は本部作成の、MJF個人分割累計献金明細一覧STATUS of INSTALLMENTS(地区HPに掲載)で確認できます。


 
③ LCIF献金者サービス課への報告

LCIFサービス課に①『LCIF献金報告用紙(振込専用)』を送付します。

ただし、振込一回につき報告用紙は一枚です。献金の種類・人数が複数でも振込は一回の場合、報告用紙は一枚のみFAXかメールで送ってください。

②MJF献金者が複数の場合、一人当たり20ドルなどの分割MJF献金をされた場合は、「会員名・会員番号・献金額一覧」の添付もお願いいたします。

メンバー全員が献金された場合も一覧は必要です。振込明細などのレシートの送付は不要です。

各書式は地区ホームページ「LCIF MJF情報」に掲載されています。

◎LCIF献金者サービス課FAX番号※アメリカに送るため、国際FAXです
(各電話会社の識別番号 例:NTT 0033  KDDI 001)
010-1-630-706-9078 日本専用FAX番号

✻なお、ご使用の電話がIP電話(インターネット利用の光通信など)の場合は「識別番号」は必要ありません。010-1-630… と送って下さい。


 

④ 333-C地区 キャビネット事務局への報告

キャビネット事務局に

①『LCIF献金報告用紙(振込専用)』と

②「銀行・ATM利用明細などのレシートのコピー」

③MJF献金者が複数の場合、一人当たり20ドルなどの分割MJF献金をされた場合は「会員名・会員番号・献金額一覧」の添付もお願いいたします。(FAX可)

キャビネット事務局ではクラブから②のレシートで送金金額を確認した後、LCIF献金の集計に含めております。

お手数ですがレシートのコピーは必ず送ってください。
キャビネット事務局FAX番号 043-247-4756


 

✻MJFクレジットカード献金(利用はVISA,MASTER,AMEX,DINERSのみ)の場合
「MJFクレジットカード寄付専用申請書」(地区HPに掲載)に必要事項を記入してLCIF献金者サービス課とキャビネット事務局にFAXしてください。

333-C地区キャビネット事務局FAX番号 043-247-4756