温かい まなざし、高い理想と地道な努力


              地区ガバナー  L波木 奏美 ご挨拶




退任のご挨拶

初夏の候、皆々様におかれましてはお健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。

昨年7月トロントにて地区ガバナーに就任、以来皆様のご支援・ご協力のお蔭で無事任期を全うすることが出来ましたこと心より感謝申し上げます。

 ガバナースローガン「温かい まなざし、高い理想と地道な努力」を掲げ、心して地区運営に日々励んでまいりました。その結果、私の悲願であるライ

オンズクエストの実践校が千葉県内で初めて誕生致しました。又、高等学校内にレオクラブが3クラブ結成されたこと、数年前から温めてきた企画「マイクラ
ブ・マイプラン」でクラブ内活性化の糸口をみつけたこと、2回にわたって行われたライオンズニューリーダー育成研究会、そして房総館山の地で大勢のご参加
を頂いたフォーラムの開催など、どれも皆様のご協力あってのことと改めて深くお礼申し上げます。

退任にあたりまして333-C地区の発展とご支援くださいました皆様方の今後ますますのご健勝とご多幸を祈念いたしましてお礼の言葉とさせていただきます。

なお、61回年次大会に於いて東金ライオンズクラブから寄贈されました「ライオンのぬいぐるみ」について当合わせが多数ございましたので、地区委員会ニュースに詳細を記載いたしました。以下をクリックしてご覧下さい。
http://lionsclub333c.org/modules/gnavi/index.php?lid=105

 

     2015年7月

ライオンズクラブ国際協会333-C地区

2014~15年度 地区ガバナー   L波木 奏美

                   キャビネット幹事 L黒川 利夫

                   キャビネット会計 L福島眞知世

                   キャビネット副幹事・副会計一同



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

平成27年6月吉日

次期ガバナーエレクトL吉原穏貴の次期キャビネット構成員等研修会資料の「挨拶文」を書き終わったところです。そして久しぶりにすっきりした思いで、夕暮れの庭にひと回り水やりをしてきました。木々は新緑の中枯葉もあって、長いこと目を掛けていなかったことに気づきました。すっかりライオンズクラブの活動で忘れていたのでしよう。

これは比細なことで済みますが、青少年の心だったらいかばかりでしようか,私は家庭内暴力、いじめ、それがエスカレートした暴力等が話題になるたびに、他人 (周りの人々は無力だと残念に思っております。

小学生の時代から学校全体でライオンズクエストのライフスキルプログラムを取り入れて、子供たちの気持に自信を持たせていくことが大切なのではないでしょうか。先生の子供に対する言葉一つでも、何が良い結果になるのか、どんな言葉がいけないのかを皆で学んで実践していって欲しいのです。

比細な水やり怠慢も気が付かなければ大変なことになるかもしれません。子供や青少年育成は絶え間なく水をやること、すなわち大勢の人々の絶やすことなき気配り、温かいまなざしが常に必要なのです。

私のガバナー在任中に高等学校内にレオクラブが3クラブ結成されましたが、その生徒数は合わせて60名以上です。海外に行ったことのない高校生がマレーシアのラウブLCのメンバー宅にホームステイして、現地のレオクラブメンバーとの交流から自己再発見に至るまでの早かったこと、目を見張るものがあります。自発的なレオの誕生でした。

レオクラブ誕生のきっかけとなりましたのはYCEプログラムの中のクラブtoクラブ制度で、マレーシアに限定してのしかも短期派遣という変則的プログラムです。そこでマレーシアの308-B2ガバナー及びYCE委員長と面談し、安全な制度を互いに確立してきました。

そして単一クラブの奉仕活動ではありますが、キャビネットが応援していこうと考え今期実行に移しました。(海外旅行保険傷害保険加入) 以上の事を会員の皆さまにご報告できますことに感謝申し上げます。

ライオンズクエストの実践校もできました。道徳教育に劣らぬプログラムだと実践校から評価されております。今期、私にどれ程の自信をもたせてくれましたか。青少年育成・レオ委員会、YCE委員会、ライオンズクエスト委員会の皆さまには大変なご尽力を頂きました。

私が宜しくお願いします。と言っておりますうちにカンボジアのアンコールワットにもう一つライオンズクラブが結成されました。この地の青少年育成には多方面に亘る活動が必要とされています。

校舎を建てること、運動場を作ること、上下水道をどのように整備できるか等、課題は山積です。教室が足りない事もあって、生徒たちは半日を学校で過ごし、半日は家計のために働くと聞いています。カンボジアで出会った生徒たちは皆真面目で楽しそうな健康的な目をしていました。LCI Fと私たちLCの各メンバーの努力で、学ぶことが当り前な暮らしにしたいと願っています。

次にマイクラブ・マィプランですが、クラブのアクティビティの活性化とリーダーシップ力の増進を狙ったプランでした。理解ができにくかったクラブもあったかもしれません。しかし私が数年前から考えておりました企画でしたので、会員の皆さまからのプランが立派に出揃った時は、本当に婿しかったです。

来期も新しいプランでクラブ内活性化を目指して頂きたいものです。そんな中からニューリーダー育成研究会を立ち上げました。ニューリーダーとして必要なスキルを学んで頂くものです。たくさんのスキルを自分のものにすることが重要です。そして様々な立場からキャビネット構成員等として働く意欲を持って頂きたいのです。反対に経験豊かなライオンは彼らの学んでいく様子を応援し、助言して欲しいのです。

これは333ーC地区の繁栄のためと思っております。

残念なこともありました。クラブの消滅と支部の解散です。憂うべきはこの事実だけではなくライオンズクラブライフに楽しみを感じられなくなったメンバーがおいでだったということなのです。メンバーとして自信を持ってクラブ内で活動できるか、それを認めてもらえるかどうかなのです。青少年と同様に私たちにもライオンズクエストプログラムの習得が必要になってきました。ニューリーダー育成のプログラムにこれを入れなければなりません。

私たちは経験から色々なことを学んでいきます。だから経験豊富な方々の物事への洞察力に若輩者は兜を脱ぎます。さあ皆さま、自分はどちらのエリアに入ると思われますか。ライオンズクラブ活動の良いところはここにあります。高齢者も青年も年齢に関係なく同じクラス・同級生なのです。お互いに知恵を分かち合い、学び合うことに遠慮はいりません。ライオンズクラブライフの中で、良き友を得ることを信条にし、無心で奉仕活動ができますことを祈らざるを得ません。退会防止は何事にも遠慮せず、仲良くできるかというところに着目しなければならないでしよう。

以上ご報告いたしましたが、私の地区運営は会員の皆さま、キャビネット構成員等の皆さま方に支えられてのものでした。一人では何も事が運ばないということです。多方面のご協力に心からの感謝を申し上げます。

最後にカナダ、トロント国際大会でガバナー就任から付き添っていただいた前地区ガバナーL正木 、ガバナーチームの皆さま、地区名誉顧問の皆さま、そして内局、年次大会委員会の方々に多大なご支援を頂きましたことに改めて御礼を申し上げます。

333ーC地区がもっと繁栄しますように、次期キャビネットが素晴らしい成果を上げられますように祈りつつ・・ありがとうございました。


カテゴリートップ
TOP
次
ガバナーキー

興味のある記事は是非皆さんのSNSで共有して下さい。

Facebook

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録